私立大学の学費の調べ方【大学が配布する資料をよく確認しよう】

国公立と私立の違い

男子生徒

親が望むのは

子どもには大学を出させてあげたいと考える親御さんは多いです。ベンチャー企業を企業するなど、昔ほど学歴社会ではなくなったとはいえ、高校卒、大学卒では選択肢が異なるのも事実です。そんな大学ですが、最近では少子化の影響で、定員割れを起こす大学もでてきています。その為、大学側も募集人員を減らすといった事もし始めています。大学全入時代と言われますが、国公立大学に入る学生、私立大学に入る学生など様々です。そんな中、親の悩みの種と言えば、「学費」です。幼稚園・保育園から月々支払う教育費ですが、小学校、中学校、高校と進学していくにつれ、上昇していきます。そして、一番学費がかかるのが大学です。そして、国公立大学と私立大学の学費の違いは家計に与えるインパクトが全く異なります。大まかな金額ですが、初年度の入学金プラス授業料の比較で、国公立大学で80〜95万円程度、私立大学(文系)で115万円程度になります。国公立大学は文系、理系で学費は変わりませんが、私立大学(理系)では、150万円程度と文系、理系で学費が大きく変わります。この差の理由は、理系は実験・研究などの器具、施設が必要になるので学費が高くなります。そして、私立大学(医歯系)では460万円程度と余程お金の余裕がないと入学させるのがしんどくなります。もちろん、各大学、学部により学費は異なるので、だいたいの目安になりますが、これだけ国公立大学と私立大学の学費には差があります。

Copyright© 2018 私立大学の学費の調べ方【大学が配布する資料をよく確認しよう】 All Rights Reserved.