私立大学の学費の調べ方【大学が配布する資料をよく確認しよう】

勉学

卒業が自信になる

東京の通信制高校は、人間関係に悩んでいたり、勉強が難しく自分のペースで進めることができない場合など、さまざまな理由で選ばれている。通信制高校に通う頻度はその学校により様々なため、事前に調べ自分に合った学校を選びたい。どんなことを今後やりたいかしっかりと考えていくことが大切である。

詳しく見る

女子学生

高校生の学習方法

大学のレベルや理系や文系などのコース別に、最適な塾をセンター南で見つけることが、進学希望の高校生にとっての大きな課題です。合格実績をチェックしたり、対応している科目や指導スタイルに注目すると、一人一人に合った塾をスムーズに探せるでしょう。

詳しく見る

男子生徒

国公立と私立の違い

国公立大学と私立大学では、学費が大きく異なる。初年度の入学金プラス授業料は、国公立では、文系、理系共に80〜95万円程度だが、私立(文系)では115万円程度となる。また、私立(理系)では150万円程度、私立(医歯系)では450万円程度と、国公立と私立では大きな学費の差がある。

詳しく見る

教材

自分のペースで学べる

東京には通信制高校があるので、何らかの事情で一般的な高校に行けなかった人はこちらを選択してみるといいでしょう。例えば引きこもりや病気などで一般的な高校に通えない人はたくさんいます。そんな人たちに通信制高校はおすすめです。

詳しく見る

勉強

自分に合ったコースを選択

ウェブ上の情報だけではなくて、無料体験授業で指導内容を確認するのが、センター南で良い個別指導塾を選ぶコツです。入学時に一人一人に合ったコースを選び、夏期講習中に予習と復習を徹底的に行うと、学力も着実に向上するでしょう。

詳しく見る

私大でかかる費用

勉強道具

学部によって違う費用

私立大学の学費はどれくらいになるのか。一概には言えませんが、一般的に大きく理系と文系に分かれます。理系の場合では特に医学部はずば抜けて高くなる傾向があります。これは、在籍する期間が長いことに加え、学問が特殊であることから昔から高いといわれています。工学部や理学部は私立大学ごとにかかる費用が異なるため、どこの学部の学費が高いとは言い切れません。また、学費に教材費を含んで算出している私立大学もあれば、含んでない場合もあり大学が配布する資料等をよく確認する必要があります。学部の実験等で器具や試料を使用する場合は学費に含まれているか、特に注意が必要です。これらは市場の狭さゆえに高価なものが多く、想定外の出費となるケースが多いからです。一方、情報や人間科学といった分野を専攻する学部は比較的安くなる傾向があるようです。ただし、人間科学といった学問でスポーツを専攻する場合はスポーツ用具等の費用は個人差があるため、学費に含まず学校側が発表するケースが多く注意が必要です。文系の場合は、理系に比べ高くはありません。しかし、これも理系と同様に私立大学によって学費が大きく異なります。また、法学部は若干ではありますが学費が高くなる傾向があるようです。教養学部や文学部等は私立大学によって差はあっても多くは低く抑えられています。教育学部は、保険等の少し特殊な支出を求められる場合があるのであるので注意が必要です。

Copyright© 2018 私立大学の学費の調べ方【大学が配布する資料をよく確認しよう】 All Rights Reserved.